さいたま市議会議員 保健福祉委員長 井上しんいちホームページ
井上しんいちホームページ ホームへ戻る 井上しんいちホームページ 実績 井上しんいちホームページ 政策 井上しんいちホームページ 市政議会質問 井上しんいちホームページ 市政報告 いの一番通信

井上しんいち 井上の実績


井上しんいちの代表的な実績を紹介します。
  

◆井上しんいちの実績:新生児の先天性異常に新しい検査法導入。
生まれつき特定の栄養を吸収できない代謝異常の新生児を早期発見する最新の「タンデムマス・スクリーニング
検査」を導入。市内で出産されるすべての新生児を検査。突然死を防ぎ早期療が可能に。

◆井上しんいちの実績:救急患者の搬送時間の短縮化へ。 
救急患者の受け入れ先が見つからず死亡に至った事件があった。タブレット端末を活用した最新の救急医療情報
システムを提案。平成26年4月から全ての救急車にタブレットが配備され医療機関検索が迅速化。

◆井上しんいちの実績:中学3年生までの医療費無料化を実現! 
公明党の政策提言で、平成21年度から全国の政令市で初となる中学卒業までの医療費を完全無料化する
「子育て支援医療費助成制度」がスタート。

◆井上しんいちの実績:救急患者の搬送時間の短縮化へ。 
 救急患者の受け入れ先が見つからず死亡に至った事件があった。タブレット端末を活用した最新の救急医療情報
システムを提案。平成26年4月から全ての救急車にタブレットが配備され医療機関検索が迅速化。

◆井上しんいちの実績:緊急時安心キットを無料配布! 
 ひとり住まいの高齢者などが救急搬送されるとき、本人の病歴などがわからないと措置が手遅れになることも。
病歴、服薬、かかりつけ医、健康保険証などの必要な情報を専用ベットボトルに入れて、冷蔵庫などの保管場所と
玄関裏に表示シールを貼り、救急隊員に知らせる仕組みを実現。

◆井上しんいちの実績:学校の耐震化を推進! 
 東日本大震災の前から、公明党は子どもが過ごし、災害時に地域の避難所となる学校の耐震化に取り組んできた。
さいたま市では平成24年度までに全ての市立小中高等学校の耐震化が完了。さらに体育館の天井などの非構造部材の耐震化も提唱、平成28年度には完了する。

◆井上しんいちの実績:さいたま市防災情報一斉送信システムの運用。 
東日本大震災の経験から、平成23年5月の臨時議会で「さいたま市防災情報一斉送信システム」を提案し、実現。
災害に関する情報を、市ホームページやSNS(Twitter、Facebook)、エリアメール、緊急速報
メール、公共情報コモンズを利用したテレ玉データ放送及びFMラジオ(NACK5、RedsWave)など、
多様な方法で市民に提供している。

◆井上しんいちの実績:がん対策条例を制定。 
さいたま市議会保健福祉委員長として、がん対策をテーマに調査研究活動を推進。平成26年6月、保健福祉委員会の
提案で「さいたま市がん対策の総合的かつ計画的な推進に関する条例」を提出。全会一致で可決、制定した。
がん対策推進協議会を設置し計画を策定。さいたま市のがん対策が大きく進む。

◆井上しんいちの実績:障がい者の賃金を向上。 
さいたま市中央区内にある障がい者の就労施設から相談を受け、企業を回りながら、就労施設への仕事の提供を求めて呼びかけを行った。その結果、仕事の提供に応じる企業が現れ、現在、就労施設では「電線はく離作業」(いらなくなった電線からビニールをはがす仕事)を行い、賃金アップにつながっている。

◆井上しんいちの実績:マンションの防災対策を推進。 
大地震ではマンションの大きな揺れ、エレベーターの停止、電気・ガス・水道などのライフラインの確保などの対策が想定される。そのため、さいたま市に「高層マンション防災ガイドブック」の作成を提案し、実現。
同ガイドブックは、防災課、各区役所情報公開コーナー、各区役所の総務課で配布している。

◆井上しんいちの実績:市内小学校で自転車運転免許制度の実現。 
自転車の安全な乗り方や交通ルールを学ぶために「安全講習」や「実技試験」を行い、受講した児童に免許証を交付
する事業を市長に申し入れ、実現。政令市ではさいたま市が初となる制度で、市立小学校の全103校で実施。

◆井上しんいちの実績:動物愛護政策の推進。 
市内で保護された犬猫を飼育してくださる方を増やすため、譲渡後の犬猫の様子を、さいたま市動物愛護ふれあい
センターのホームページで紹介することを提案。その結果、「譲渡動物のその後について 〜幸せのお便り〜」
という、飼い主に譲渡された犬猫の情報発信が開始された。

◆井上しんいちの実績:30%プレミアム付商品券の発行決定。 
2015年2月定例会で、国の補正予算に盛り込まれている「地域消費喚起・生活支援型交付金」を活用すべきであると主張。その結果、購入価格1万円で13,000円の商品券を購入できるプレミアム付商品券が36万枚発行されることに
なった。なお、さいたま市では多子世帯支援のため、18歳未満の子ども3人以上の多子世帯を対象に優先販売を行う
予定。
 
 

ホーム井上の実績井上の政策議会質問いの一番通信
facebookページいの一番youtubeチャンネルtwitterさいたま市HP公明党さいたま市議会議員団

Copyright(C) さいたま市議会議員井上しんいち All Rights Reserved.